サラリーマンエンジニアブログ

大企業で働くなんちゃってITエンジニアのブログです。

キャッシュレスにした結果人生変わった。

cache

「キャッシュレスにした結果人生変わった。」

重い財布が嫌い。

小銭でかさばる財布が邪魔臭い。

レジでバタバタするのがダサい。

という理由で半年間くらい、(ほぼ)現金を使わない生活をしました。

これが素晴らしかった。

目次

 

用意するもの

  • Edy付き楽天カード - オートチャージ付き (master)
    • Edyの残金3000円以下になったら25,000円チャージするように設定
  • 定期Suica - オートチャージ付き (visa)
    • 1,000円以下になったら、5,000円チャージするように設定
  • いざという時のための現金20,000円

 

定期Suicaのオートチャージ方法

www.saisoncard.co.jp

ルール

ルールは基本は下記の4つだけです。

  1. 10,000円未満はEdy
  2. 10,000円以上は楽天カード
  3. 移動はオートチャージ付きの定期Suica
  4. 「カードが使えない店」でのみ現金使用 (なるべく使わない)

メリット

  • 財布の軽量化
  • 決済の高速化
  • 楽天カード支払いによるポイントの付与 (Edy決済でもポイントが付与される)
  • 楽天カードアプリによる自動家計簿
  • クレジットカード使用は信用に繋がる

感想

非常に快適な決済生活でした。

決済でゴタゴタしないってのは心地いいものです。

良かったのが、楽天カードアプリによる自動家計簿です。

何に使ったか・どのくらい使っているかが見える化されているので、意識改革にもなり結果「節約」できました。

また、案外すぐにポイントがたまりこの半年で楽天ポイントが20,000ポイントくらい溜まりました。もちろんランクはダイヤモンドです。

クレジットカードを使ってランクを上げればランク特典をもらえるっていうのもメリットですね。

 

用意するものに「いざという時の20,000円」と書いてありましたが、本当に飲み会の割り勘などを合わせて、現金は月で20,000円くらいしか使っていないと思います。

現金が手元にないのは少々不安なので20,000円くらいは持っておいたほうがいいと思います。

ただ現金を使った日に余った小銭は毎回貯金箱に入れて、なるべく小銭を持ち歩かないようにしてました。

課題

  • 飲み会時の割り勘
  • カードが使用できない店

特に割り勘は課題ですね。

最近はカードが使用できない店も少なくなってきたので、「カードが使用できない店」っていうのはあまり気になりませんでした。半年間でカードが使用できなくて現金で支払ってしまったってことは、10回もなかったと思います。(私がファストフードが好きなのもありますが。。。)

注意

楽天カードアプリでは簡単に「リボ払い」に変更できるので、そこは注意しましょう。

「リボ払い地獄」にハマってしまう人をよく耳にします。

せっかく楽天カードアプリで使用状況を管理できるので、「あー今月予算オーバーで使いすぎたー」ってのは無くしていきましょう。

まとめ

皆さんもキャッシュレスでスマートに生きてみましょう。

決済でゴタゴタするのは他人の迷惑にもなるのでやめましょう。

何よりモテないです。

現金払いでのメリットってあるのかな?私が考える限りではないです。

クレジットは「信用」に繋がるので、クレジット決済は銀行へのいいアピールでもあります。